入れ歯について

良い入れ歯とは?

入れ歯を作るにあたっては、入れ歯の床(入れ歯の土台となるピンク色の部分のこと)を大きく作ることが良いと考えております。
その理由は、入れ歯を噛んだ時に力が分散され、歯ぐきと残っている歯への負担が減少するからです。
歯ぐきへの負担が軽減されると、強く噛めるようになります。食事の際の満足度を高めることができ、生活の質の向上にもつながります。

当院では、ちゃんと噛めて、なおかつ残っている歯と歯ぐき(顎の骨)が保護される入れ歯を製作いたします。

落ちない入れ歯

入れ歯にも、かみ合わせの良し悪しがあります。
かみ合わせの良い入れ歯を作るためには、顎の動きまで考慮して製作する必要があります。

顎の動きには、回転運動と滑走運動という2つの動きがあります。入れ歯のかみ合わせが悪いと顎が前後左右に動く際に、入れ歯がズレて外れてしまうのです。
このような状態だと、食事の際に入れ歯の内側に食べ物が入り込んで、痛みの原因となります。
顎の関節の動きに関して、くわしくはかみ合わせページをご覧ください。

当院では、外れにくく落ちにくい入れ歯作りのため、個々の患者さんの「本来の顎の位置関係」を調べて入れ歯を製作しております。

良く噛める入れ歯について

食べ物を噛む、つまり「咀嚼」するにあたって使用する歯は奥歯です。その奥歯ですが、山のように尖っている部分と、谷のようにくぼんでいる部分があるのが分かるかと思います。入れ歯の人工歯にも当然ながら山や谷が存在していますが、これはあくまでも平均的な形に整えられています。
従来の入れ歯だと個人に合わせた作りにはなっていないので、一箇所に顎の力が集中してしまい、入れ歯が外れやすくなってしまうことがあります。

当院では、入れ歯を作る際に個々の患者さんの顎の動きに合わせて歯を金属で製作しております。

入れ歯の人工歯を患者さんの顎の動きに合わせることで咀嚼の効率を向上させ、良く噛める入れ歯となるのです。また、噛み合う部分が金属だと嫌だという患者さんのために、相談に応じて金属以外の素材で製作いたしますのでご安心下さい。

入れ歯の即日修理について

当院では、今までに培ってきた入れ歯製作のノウハウを活かし、入れ歯の即日応急修理を行っております。

上記のような製作方針は、「新規に入れ歯を製作する場合」に該当します。しかし、当院で今まで診察した患者さんの中には、既に他院で入れ歯を製作して使用してきたという人も多いです。
これまで使っていた入れ歯が合わない場合、最初から永久義歯を目指して入れ歯を作っても、その入れ歯に慣れるのに時間がかかり、うまく使えないことがあります。
治療義歯を使い、例えば、まずは30%改善された入れ歯、それに慣れたら60%改善された入れ歯、またそれに慣れたら、その人にぴったりあった永久義歯へというように、段階をふんで最適な入れ歯製作を行っていきます。

MENU

診療時間

アクセス

診療科目

ドクターズファイル

おおたかの森助産院

おおひなた整骨院

院長ブログ

このページのトップへ