04-7152-8140

初石デンタルクリニック

04-7152-8140

初石デンタルクリニック

診療時間 日/祝
9:00~13:00 ● ● ● ● ● ● /
14:30~19:00 ● ● ● ● ● /

★土曜は18時まで診療しています。
詳しくは診療カレンダーをご覧ください。

むし歯Cavities

こんな症状がある方は
ご相談ください

こんな症状がある方は、できるだけ早く、初石デンタルクリニックへご相談ください。

  • 歯が痛む

  • 歯に黒ずみや変色が見られる

  • 歯に穴が空いているように見える

  • 冷たいものを食べたり飲んだりするとしみる

むし歯は、早期に発見してすぐに治療することが大切です。

むし歯とは

むし歯は感染症です。
お口の中に潜むむし歯菌が食べものや飲みものに含まれている「糖」をエサにして増殖し、歯垢となります。
歯垢が生み出す「酸」は、歯を溶かします。
徐々に感染が広がり、最終的に歯に穴をあけるのが「むし歯」です。

初期の段階では歯の表面が白く濁ったり、うっすらと茶色に変色したりするくらいで、痛みなどの自覚症状はありません。
気付かないうちに進行し、歯がしみたり痛みを感じたりするようになる頃には、すでに進行していて、歯を削る治療が必要です。
歯を削って詰め物や被せ物で修復する治療を行いますが、時間が経過すると、修復物と歯の間にすき間ができて、むし歯が再発します。
再発のたびに治療を繰り返すと、歯がどんどん削られることになり、歯が擦り減ります。最終的には、歯を失うことになりかねません。
歯は一度削ったり抜いたりすると、二度と元には戻りません。

むし歯になる理由

むし歯菌は食べものや飲みものに含まれている「糖」と結びつき「酸」を作ります。
酸によって、歯の一番外側にあるエナメル質からリンやカルシウムが溶け出す「脱灰」が起こります。
食後しばらくして、唾液の働きでリンやカルシウムが歯の表面に戻るのが「再石灰化」です。
脱灰と再石灰化がバランスよく繰り返されていれば、お口は健康な状態に保たれます。
しかし、食べ残しや磨き残しがあると、むし歯菌が活発に働く状態が長く続き、むし歯になります。

むし歯の進行状態と治療

超初期むし歯(C0)

歯の表面からリンやカルシウムが溶け出し、ツヤが失われたりうっすらと茶色くなったりする状態です。
フッ素を塗布するなどして、再石灰化を促せば、歯を削ることなく元の健康な状態に戻せる可能性があります。

エナメル質の
むし歯(C1)

歯の表面を覆うエナメル質が溶かされている状態です。
エナメル質に穴があき、黒ずんで見えます。

自覚症状:

ほとんどありません。
ご自身で気付くことは難しく、プロの目で見なければわかりません。

治療:

むし歯菌に感染した部分を削って、歯科用プラスチックなどで修復します。

象牙質に達した
むし歯(C2)

エナメル質の奥にある象牙質にまで感染が広がった状態です。

自覚症状:

象牙質の先にある歯髄(神経)が刺激されて、冷たいものがしみたり、痛んだりすることがあります。

治療:

むし歯菌に感染した部分を取り除いて歯科用プラスチックや金属、セラミックなどで修復します。

歯髄に達した
むし歯(C3)

歯の神経にまでむし歯が感染し、炎症を起こしている状態です。

自覚症状:

神経が刺激されて、激しい痛みを伴います。
炎症が広がると、歯ぐきや頬が腫れることも。

治療:

感染した神経を抜いて根管をきれいにします。無菌状態にしてから密閉し、被せ物をして歯の機能を補います。お口の状態によっては抜歯を行うことがあります。

歯冠が崩壊した
むし歯(C4)

目に見えている部分がすべて溶けてなくなり、歯の根だけが残った状態です。

自覚症状:

神経が死んでいるため痛みを感じません。
放置していると、根の先に膿ができて、お口だけでなく全身の健康にも悪い影響が出ます。

治療:

根管治療は行えないので抜歯して入れ歯やブリッジで歯のお機能を回復させます。

むし歯は発見が早ければ早いほど、治療にかかる時間や費用が少なくすみます。
むし歯は初期の段階では自覚症状がほとんどなく、気付いたときには進行しているケースが多くみられます。
また、治療後に再発しやすいのも特徴です。
定期的に歯科検診を受けていると、早い段階で発見できます。
当院では、治療を始める前にカウンセリングの時間を設けています。
むし歯の治療方法はひとつではありません。患者さんごとに適した治療法、修復物は異なります。複数の選択肢の中から、ご要望やライフスタイルに合わせてどのような治療がいいか一緒に考えましょう。治療法をくわしく説明し、ご納得いただいてから治療を進めますので、ご安心ください。
治療後は、担当の歯科衛生士が再発しないためのケアをサポートします。
「重症化したむし歯」を作らないために、一緒に予防ケアに取り組みましょう。